空き家管理

賃貸等の空き家の活用事例(熊本の便利屋)

都会で働く中高年の方の中には、田舎の親の実家を相続したけれども、活用できなくて困っているケースが多々見られます。

かといって幼少の頃に過ごした思い出や仏壇、法事での帰省などの問題から、実家を取り壊すのは中々出来ないものです。

(以前の記事でも書かせて頂きましたが)しかしながら、空き家特別措置法が制定され、田舎の自治体から空き家のオーナーは指導を受ける可能性が出てきました。

倒壊等の危険がある場合、強制撤去もあり得ます。
また、固定資産税の税率も空き家の場合、アップするコトに。

 
このような状況を踏まえ、空き家を如何に有効活用していくか、以前よりも切実に考えられるようになりました。

今回の記事では、空き家がどのように住居、営利活動向けに再活用されるかを纏めてみました。
 
 

空き家活用事例

賃貸物件として活用

政府主導の地方創世、移住による田舎暮らしのイメージ向上などにより、行政サポート付きの40代での地方への転職と移住、リタイア後の地方への移住、若者世代の農業起業の為の地方移住など、様々な移住ケースが発生しています。

そういった方はアパートより戸建を好む傾向にあり、空き家への入居も視野に入れています。

「せっかく都会のごみごみした場所から地方の広々した所に来たから、家も広い方がいい!」

という考えのようです。

ただ、せっかく空き家入居を考えていても、不動産管理会社は空き家のデータを持っておらず、こういった方は困っておられました。

ただ最近、「空きやバンク」という自治体やNPO主体の空き家紹介サイトがあり、移住者は高い確率でこのサイトを見ているようです。

JOIN ニッポン移住・交流ナビ‐空き家バンク・住まい

 
以前までの不動産上の慣習として、貸し主が家をリフォームして貸すという形を取っていたようですが、近年は借り主が自分の負担で空き家をリフォームする「借り主DIY」が流行っており、これも「空き家を貸す/借りる」のトレンドが進んでいる1つの要因となっています。
 
「借り主DIY」の貸し主、借り主双方のメリットを簡単に整理しました。

貸し主
・元々の家の状態よりも良い状態になる。結果、その借り主が出て行った後、次の借り主を見つけ易くなる。
・借り主が自らの負担で改修するので、長期に渡り住み続ける可能性が高く、管理が楽になる。

借り主
・自己負担で改修する代わりに家賃が安くなる(貸し主の譲歩により)
・自分で好きにリフォームしても退去時に原状回復義務がない。
 
空き家オーナーへのお得情報
空き家バンク登録のメリットの1つとして、登録している空き家には改修費用の助成、補助制度があるようです(常に補助、助成があるわけではありませんが)
 

店舗として活用

空き家の立地条件が良く、且つどのような改修、改装も自由と貸し主が許可を出せるなら、店舗として空き家を貸し出す事も視野に入れる事ができます。

・立地条件のアピール
・改修、改装自由のアピール

を前面に押し出し、空き家を貸し出してみましょう。勿論、住居用と比べると借りる方の数は少ないでしょうが、一旦、店舗活用されると家賃も良いですし、自分もその店舗に遊びにいけるメリットがあります。
 

コミュニティスペースとして活用

家賃収入より地域貢献の観点で、空き家をコミュニティスペースとしてNPO団体や自治体に貸し出すコトもありです。

月々で数千円、もしくは無料で貸し出す代わりに、活用前の家の整理をボランティアでやってもらったり、活用中の庭の整備等を無償でやってもらえるメリットがあり、管理費がなくなります。

上手く行けば固定資産税も格安家賃で賄えます。
 

シェアハウスによる活用

昔と比べて若者世代の独身率が増えており、地方で一戸建てを借りるのは家賃的にもちょっときついし広すぎる、という若者の声もあります。

彼らは「快適に住みつつ、他の若者と軽くて緩いつながりを持ちながら、日々暮らしたい」というニーズを持っており、そのような若者にシェアハウスが人気になっています。

シェアハウスの借り主側のメリットとして「アパートよりも家賃が安い」があります。

他方、貸し主側も複数人の住居人を持てるので「1人に空き家を貸すよりも家賃収入が高い」というメリットがあります。更に誰かが退去しても収入が即ゼロにならず、安定した家賃収入が望めます。

当社でも取り組んでいますが、コンセプト型シェアハウスという特化型のシェアハウスもあります。
彩ファクトリーという会社がその第一人者である模様ですが、人気が高くコンサル料が弾む可能性があり、また熊本までいけるかも難しいでしょう。
 

全体まとめ

色々な空き家活用方法を整理しましたが、空き家オーナー様が

・家賃収入を望む
・でも親の実家だったせいもあり、物が大量にあり処理に困っている。誰かに少ない費用でしてもらいたい

というニーズをお持ちなら、シェアハウスへの活用を強くお勧めします。

というのも、1人に貸すよりも家賃収入は多いですし、物の処理費用もその家賃収入で回収出来る為です。
 


 
熊本の当便利屋では、空き家シェアハウスとして活用し家賃収入を産み出すための、「空き家シェアハウス化のサービス」と「シェアハウス管理サービス」をご提供しています。

熊本空き家のオーナー様はまずはお気軽にご相談を。
 
熊本の便利屋、お困りバスターズへのお問い合わせはお電話 090-4998-8982まで。
お問い合わせフォームもあります。

Facebookページはこちら

-空き家管理