未分類

一人暮らしの老人(独居老人)に降り掛かる問題(熊本の便利屋)

当便利屋の一人暮らし老人の方向けの安否確認のサービス内容について、前回のブログで説明したので、今回は一人暮らしの老人(独居老人)に降り掛かる問題を整理しました。
 
 

一人暮らしの老人(独居老人)の抱える問題

生き甲斐の喪失

夫、妻に先立たれ、今は一人暮らし。
1日中、テレビを見て過ごす。

こういった方は熊本でも結構な数、いらっしゃると思います。
長年、趣味を忘れ、ご家族のためにお仕事を頑張ってやり遂げられたものの、リタイア後、何を趣味にすればいいか、わからず、テレビだけしか見てない。

こういった生き甲斐を持てないまま、日々生活を送ると、認知症のリスクが非常に大きくなります。
誰かに会って会話をするだけで、そのリスクは大幅に軽減されるという海外の論文もあります。
 

オレオレ詐欺、振り込め詐欺などの消費者被害

日本全体で数十億円の被害が出ている、オレオレ詐欺を始めとする振り込め詐欺。
熊本でも被害が結構出ている模様です。

「東京に離れて暮らす子供に何かあったみたい。どうしよう。お金を払えば何とかなるのね」と親心につけ込む非道な詐欺ですが、これも1つの原因は親と子の連絡不足によるもの。
とはいえ、都市部で仕事をする子供さんにとって、定期的な連絡は難しいものです。
 

認知症

本人では気付きえない、この認知症。
久々に東京から帰省した子供が気付いた時には、相当に症状が悪化しているコトもあるようです。

認知症の進行と共に、火の元や健康面などの心配も増えてきます。

人とのふれ合い、やりがいを持つ事、人に必要とされる事。
これらが認知症の進行を食い止めるので、本当は都市部で暮らす子供さんが自分の子供を親に預ける等ができれば、この認知症予防にもつながるのですが、実際問題、それは難しいものです。
 

これらの問題を解決する方法

介護施設への入居

老人ホームや高齢者マンション、デイケアサービスなどがあります。
これらを利用すれば、上記の問題のリスクは大幅に軽減されます。
ただ老人ホーム等は費用が数十万円にのぼるため、一人暮らしの親御さんが高齢ではあるものの、元気な場合、入居の判断がしづらいものです。
 

安否確認,見守りサービスの活用

遠くに住む家族に変わって、定期的に独居老人の生活状況をチェックしてくれるサービスです。

ただ、多くのサービスは前述したように、ガスや水道の利用状況をチェッックするシステム、その会社特有の感知器システムを活用したもので、一人暮らしの老人(独居老人)に実際に会って、安否確認を進めるサービスはあまりありません。
 
 
熊本の便利屋、お困りバスターズでは、face to faceでの安否確認、見守りサービスをご提供する事で、認知症の予防にも貢献していきたい所存です。

各お客様の個別ニーズにも可能な限り、対応していきます。
まずはお気軽にご連絡を。
 
熊本の便利屋、お困りバスターズへのお問い合わせはお電話 090-4998-8982,もしくは090-7451-7290まで。
もしくはメールで busters.okm@gmail.com
お問い合わせフォームもあります。

Facebookページはこちら

-未分類