便利屋さんの徒然

福岡から熊本へJRで。大雨で帰れない!

福岡での仕事を終え、JRで夜20時すぎに福岡を出て、熊本へ。

途中、なんと大牟田で大雨のため、電車がストップ。

21時に止まった電車はなんと23時半までひたすらに止まり続けることに。。。

その間、ひたすらに読書。

今日は小説家、垣根涼介氏の「君たちに明日はない」という小説。

短編小説。
ストーリーは、リストラの代理専門会社で働く主人公がいて、各短編でリストラされる人間がその短編だけの主人公となり、話が展開。

テレビ業界、保険業界、スチワーデス業界等、色んな業界の裏話が高い精度で話に盛り込まれていて、読んでいて楽しい。

とくに印象に残っているのは、借金取りの王子という短編。
サラ金会社で働くイケメンの優男が、その外見とは裏腹にど根性で配属された支店での営業成績をあげていくんだけど、徐々に息切れし、自分が恋している女上司(元レデイースで相当に気合いが入った美人さん)が自分の悪成績で幹部にセクハラを受けた時の話。

ネタバレになるから、これ以上は書けないけど、とにかく面白い。

自分がやっている仕事以外の業界の話、知りたいなあ
と思ってる方にはうってつけの小説です。

転職の参考にもなります。

-便利屋さんの徒然